株は世界の情勢にも左右される

歩いているビジネスマン

株価に一番大きな影響を与えるのは、当然その企業の業績が重要となります。
どれだけ市場が低迷している時でも、業績が絶好調の企業は株価もうなぎ登りとなりますから業績が一番というのは言うまでもありません。
しかし、それだけで株価というのは決まるものではなく全体の地合いというのも左右されるもので、地合いが悪ければどれだけ業績が良くても思ったよりも株価が伸び悩んでしまうということはあるものです。

そして、地合いというのは日本経済だけでなく今や世界の情勢にも左右されるものとなっています。
アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪をひくといわれるぐらいに、日本の市場というのは海外の影響を受けやすく日本の市場に大きな悪材料が出なくてもアメリカの市場が暴落をすれば日本にもその影響が及んでしまうしまいます。
最近はアメリカだけでなく中国市場の影響というのも非常に大きなものとなっていて、中国市場が軟調であれば日本の市場も影響を受けるようになってきています。
日本は輸出国でもあるのでそのような面でも世界の情勢の影響を受けやすく、世界の景気が悪くなってくると日本もそれにつられて景気が悪くなり株式市場も低迷することになります。
そのため、投資をする時には企業の分析というのも重要なものとなりますが世界の情勢というのも気をつける必要があるのです。

特に海外の影響を受けやすい輸出関連の銘柄などは特に注意が必要であるため、あらゆる方面から情報を集めなければなりません。
株というのは経済と密接な関係があるものであるため、国際化社会の現代では特に世界の情勢に左右されやすいものとなっていますから日本の市場だけを分析すればいいというわけではないのです。

このように株式投資をする上でのポイントを紹介しましたが、まずは株価の安いボロ株で株を始めるとよいでしょう。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧