公開履歴
笑っている女性

株式投資とはなかなか難しいものです。
その人の経済観が現れると言ってもよいでしょう。
よほど短期間のデイトレードで利益を得ようと考えている人ならば、別にその企業の今後の業績などはほとんど考慮しなくて良いかもしれません。
中長期的な展望とは無関係に、日々の経済情勢、国際情勢を注目していればよいわけです。
別にそれが悪いわけではありませんし、実際にそうしている人が多くいます。

ただし、それはそれで大変であることは言うまでもありません。
日々、それこそPC画面に張り付いていなければならない状態に近く、それだけの労力、心労にみあった利益が得られるかどうかは全く別の話です。
一般論としては、株式はある程度長期に保有することを考えるのがよいでしょう。

そもそも、株式を買うというのはその企業に投資することです。
もちろん短期投資もあるわけですが、基本的には、その企業が今後成長すると見込まれるから、その企業に将来性があると考えるから、投資するわけでしょう。
ですから、株は企業の今後の業績も見据える必要があるのです。

株価の日々の変動に一喜一憂することをひとまず脇において、長い目でみてみましょう。
その企業は長い目でみて有望そうでしょうか。
何かヒット商品を生み出せそうでしょうか。
同業他社と比較してどうでしょう。
強みがあると考えられるでしょうか。

もっと言えば、その企業だけではなく、その業界全体としてはどうでしょうか。
将来性のある業界でしょうか。
それとも、今後の社会において、業界全体として成長することが見込みにくそうな業界でしょうか。
このように考えて投資することが株の基本であり、それは言い換えればその企業の、業界の将来を考えることでもあるのです。